World-42ヵ国語-翻訳

World-42ヵ国語-翻訳 上記の、自分が思う各国旗を、クィックしてください。 両サイド(右側・左側)の、バナー広告に関しましては、翻訳するものと・翻訳しないものがあります。 私は(BLOGの作者)、このソフトの著作権を、所有しています。 ワールドオンラインイストーク

プロフィール

mydo-mydo

Author:mydo-mydo
私のBLOG「新雑学見聞録」に、来て頂きまして、誠に、有難う御座います。そこで、何でも、「これは」という、何か役に立ちそうなものを、書いています。また、我が、経験・見聞・思考・それと、自分なりに、人生を、振り返り見て自分の成功・失敗の原因は?なんぞや。御託を、並べています。末永くお付き合いお願い申し上げます。








ポイントサイト【予想の王様】 ↑クィックしてください。

最新コメント

メールフォーム

皆さん、何でもいいですよ。メールください。ただし、出会い系・アダルトの方は、ご遠慮ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

リンク

Information

==================== アメブロ読者申請代行サービスVer,2 アメブロ(アメーバブログ)の読者申請を代行するサービスです ==================== 購入率30%越え!5日で月収20万円のcroozブログ構築法 ==================== あなたのワードプレスサイトでもランディングページ作成ができる!今ご使用のテンプレートにランディングページ作成機能を追加。設定時間わずか10分で、あなたのワードプレステンプレートが、ランディングページ作成機能付きのテンプレートにバージョンアップ!LP作成機能追加キット「LP Plus」 ==================== 部下になめられないためのプレゼン術 ~リーダーは人前でこう振る舞え!~ ==================== 超ネット通販専門学校オンラインスクール2期 ==================== 自動クリック売買構築「エクセルで、株・FXシストレ 合宿」 ==================== 【2005年からの平均月間獲得約294pips】トリプルN/ナンピンなしマーチンなし複利なしのEAなのに高い利益力 ==================== 仕事効率を高め成功を掴め! ==================== iPhoneケースを輸入販売し、2000万円稼いだ方法 ==================== 結果を出す婚活 ==================== 初心者のネットビジネス成功辞典! ==================== FXで資産作りBMRデイトレード ==================== トライデント・WEBショップマーケティング ==================== 自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て ==================== ゲームで稼ぐ!iphoneアプリ講座 ==================== ==================== 「独立・開業」業種別解説事典 ==================== 情報仲介ビジネス!1億をめざす7日間構築マニュアル ==================== 東大卒の医学博士、開発。脳の回路と電流の流れを変え、東大合格。 ==================== 好かれる人のコミュニケーション会話術 ==================== 未来を変えるホンモノ発想法 -なぜ発想の達人を30タマゴと呼ぶのか- ==================== 中国輸入ビジネス入門&海外輸出セミナー ==================== 家庭でもできる いびき改善/完全マニュアル 「いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニック」 ==================== 次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」コンサルティングプラン ==================== 電脳錬金術 Ver1 ====================
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

やはり、企業は、人なり。






    町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール”
    2010年08月19日11時05分 / 提供:+D Mobile
    "昭和30年代に文房具店として創業した同社は、オフィスと人の環境整備をサポートする企業へと生まれ変わった" 青山学院大学にほど近い、国道246号に面した交差点の角に、「渋谷区渋谷四丁目五番五号」という看板を掲げた小さなビルがある。これが、従業員約30人で年商30億円を稼ぐ山崎文栄堂のオフィスだ。

     山崎文栄堂は終戦直後、町の文房具屋として創業。長年“学校前の文具店”として営業してきたが、大規模店やオンラインショップの台頭、ITの普及などの影響で、次第に経営が悪化。こうした厳しい時期に社長を継いだのが、3代目の山崎登氏だった。

     事業の立て直しを支えたのは、新たにスタートした文具通販大手アスクルのエージェント(販売取扱店)事業だが、それを軌道に乗せるために行った山崎氏の社内改革も注目に値する。山崎氏は、危機的状況にあった会社をどうやって“年商30億円規模”に成長させたのか。モバイルなどのIT活用も含めた取り組みについて山崎氏に聞いた。

    ●ポイント1:何事も全員で徹底してやる

     「中小企業にとって大事なことは、徹底すること。やったりやらなかったりするようではだめ」――。これが、山崎氏の社内改革のポイントだ。約30人という小規模な企業では、“あの人はやるけれど、あの人はやっていない”という不公平が社内の士気をさげるという。そのため山崎文栄堂では、掃除からIT活用にいたるまで“全員で徹底してやる”ことをルールにしている。

     例えば同社は毎日の朝礼後の30分、全員でオフィスの清掃を行っている。全社員をチームに分け、受け持ちを決めて実施。この結果が賞与にも影響するので、チーム全員が協力して行わねばならず、結果としてチームワークの向上にも役立つ。フリーアドレス制も導入し、社員は業務の多寡にかかわらず、自分のロッカーに入る必要最低限の資料しか持たないようになった。

     IT活用も徹底している。同社では毎月、日を決めて全員のサイボウズOfficeのスケジュールをチェックしている。社員には、何らかの予定を10日分入力することが義務づけられており、予定が埋まっているかどうかを確認するのだ。予定を入れていない人に対する罰則が決められているため、社員はサイボウズのスケジュール機能を使うようになる。

     「むりやりでもいいからスケジュールを入力させるようにして、全員が“予定を入れるのがあたりまえ”になるまでやる。そうすれば、社員は諦めて使うようになり、全員が使うようになればITが生きてくる。さらに全員が社長のスケジュールを監視するようにもなってくる(笑)」(山崎氏)

    ●ポイント2:使いやすいツールを長く使う

     「ITの活用も掃除と同じ。一部の人がやらないなら、全員やらない方がいい。でも全員でやれば、それがいかに生産性を向上させるかを実感できるはず。そうやって一つ徹底したら、次をやる」――。これが山崎氏の方針だ。

     しかし、ただペナルティを決めて強制するだけでは、うまくいくはずもない。全員が使うようにするために、ITツールは「全員が使える使いやすいものを採用し、いったん導入したら長く使い続ける」(山崎氏)のがポイントだ。

     例えば1年ほど前には、それまで社員ごとに異なっていたメールクライアントをGmailに統一した。既存のメール環境から移行する際、ある週末に講習会を開き、翌週月曜から全員が使うよう指示。「使わないと罰金100円」というルールもあって、全員が使うようになったというが、使いづらいツールではこうはいかなかったはずだ。

     同社はまた、Gmailとほぼ同じ時期にiPhoneを導入。当初は幹部全員と希望する社員に支給したが、今では全社員が使っている。まだ、試験的に導入している段階だが、Google マップや営業訪問履歴入力を手軽に使えることで外回り担当社員の時間の使い方が大きく変わるなど、すでに効果が表れ始めているという。
    iPhoneひとつで仕事も人間関係もスムーズに!あなたもデキる人!
    "瞬間約定"ドル円≪1銭≫不利なスリップ発生ゼロ、最高水準FX!
    町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール”
    2010年08月19日11時05分 / 提供:+D Mobile

     同社の業務に貢献しているのが、「1日1人最低1つぶやき」という“徹底ルール”で利用しているTwitterだ。社員同士のみが閲覧できるよう非公開で活用しており、社員は出先で仕入れた情報やライバルの動向、気がついたことなどをiPhoneからTwitterでこまめに投稿。社員同士でリアルタイムな情報を共有し、業務に役立てている。

     業務に直結したトピックにとどまらず、ごく日常会話的なつぶやきも活発に交わされているという。同社では山崎社長を含め大半が外回り業務を主体としているため、オフィスで日常会話をする機会に乏しく、それを補うのが、社内Twitter(とiPhone)というわけだ。

     営業本部長の若狹謙治氏は、社内Twitterが人材の能力向上にも役立つと話す。

     「今の社内Twitterは、新卒の社員も気軽に入ってこられるような雰囲気。ちょっとした質問なども、よく飛び出してくる。アスクルエージェント事業では、価格も納期も他のエージェントと全く同じであり、差別化のポイントにできるのは人材。その人材の能力向上にも社内Twitterが役に立つと考えている。さらに、今後はルールを決めた上で対外的にもTwitterを使っていく予定」

     なお、山崎文栄堂ではiPhoneの個人的な利用も特に禁止していない。それは、山崎氏のこんな考え方によるものだ。

     「基本的には遊びであったり、仕事とは直接関係しないようなコミュニケーションなどから入った方が、ツールを使いこなせるようになる。むしろ、くだらない使い方をしているような人の方が、成績が上がりやすかったりもする。ただし、仕事以外そんな暇があれば、だが(笑)」

    ●iPhoneでサイボウズの予定を確認――サイボウズKUNAI

     山崎氏はiPhone上でサイボウズ上の予定を確認できるアプリ「サイボウズKUNAI」を利用しており、サイボウズOfficeをモバイルで使う上で、これまでの不便さが解消されたと評価する。

     「特に不便だったのはスケジュール。携帯電話でもサイボウズを使えるとはいうものの、あの小さな画面では全体を俯瞰できず、全て紙に打ち出して持ち歩いたこともある。PC上のOutlookを経由してiPhoneのスケジュールに転送するなどしていたが、それも手間がかかる。ちょっとした時間の無駄でも、繰り返せば大きな無駄になり、それを減らすのは重要なこと」(山崎氏)

     iPhone版KUNAIは現状、スケジュール関連機能のみが提供されているが、山崎氏は決済承認への対応を期待しているという。

    ●ポイント3:できない人にやらせる

     サイボウズOfficeからiPhone、Twitterまで、さまざまなITツールを活用している山崎文栄堂だが、社員はわずか30人と少なく、運用管理の専任スタッフを置くのは難しい。そのため、サーバやアプリケーションの管理は、アウトソースを活用している。サイボウズ製品は外部のレンタルサーバ上で運用し、アプリケーションの設定は社員の1人に担当させている。

     取材時、サイボウズの管理を担当していたのは、アスクル事業部の高橋祥子氏。肩書きから分かるように、通常業務との兼務でサイボウズへのユーザーの追加やグループ化などの管理作業を担当している。同氏は「社内にしっかりしたマニュアルがあるので対応できる」と話す。じつは、このマニュアルにも秘訣があった。

     「むしろ『分かっていない人にやらせた方がいい』というのが社長の方針。仕事でやらなければならないから、分からないながらもしっかり調べてメモしていく。そのメモからマニュアルが作られ、担当者が変わるたびに受け継がれ、またメモが増えていく。そうするうちにマニュアルが充実したものになっていく」(若狹氏)。

     同社はまた、ジョブローテーションを定期的に行い、仕事の固定化を防いでいる。採用担当は毎年、経理も2年で交替するという徹底ぶりだ。IT管理や採用、経理などの担当を定期的に交替させる背景には、社員をマルチタレントにしたいという山崎氏の考えがある。例えば現在の担当者が不在のときに何らかの問題が生じたとしても、過去の担当者がいれば迅速に対応できる。それはまた、「全員で徹底してやる」というポリシーにも通じる。



    「同じ人が何年も継続して同じ役割を担当していれば、『自分の城』ができてしまい、そうなると社内で無理を通すようなことにもなりかねない。それを避けるには、“人に仕事がつかない”ようにする必要がある」(若狹氏)

    ●顧客と接する“アナログな時間”を増やすためにITを活用

     現在の山崎文栄堂は従業員約30人で、年間売上高は30億円超。アスクルエージェント事業では全国1500社の代理店の中で売上高7位という実績を達成しただけでなく、2010年春に開催されたアスクル営業キャンペーンで同社の社員2人が全国で1位と2位を獲得するなど、高い成績を誇る。そして自社で率先して取り組んでいる書類整理関連の事業も大きな柱に成長してきた。

     山崎氏自身も、自社オフィスを整理術のショールームとして顧客を招いたり、書類整理セミナーを行ったりと多忙を極める。外出が多く、多忙なスケジュールの中で社長としての役割を果たすためには、使いやすいツールを選び、それを効率よく使いこなすためのノウハウが求められる。同社のIT活用はその途上にあり、今後、磨きがかかっていくことだろう。

     「ITを活用する上で大事なのは、それによって“いかにアナログな部分を増やすか”。我々は顧客と接する“アナログな時間”を増やすために、ITを活用しているということです」(山崎氏)

    景気が、今一つですが、社長(ボス)の思考・行動で、企業は、どのようにでもなります。

    ボスが、マイナス思考か、プラス思考かで、歩む道は、大きく違ってきます。

    自分の、人間性とでもいいますか。

    自分の行動・思考が、良い人は、自ずと、良いボスの下で、行動を共にする。

    「同類項」ではないでしょうか。



    悪いボスの下には、悪い社員。

    良いボスの下には、良い社員。
    関連記事
    スポンサーサイト
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント
    ▼このエントリーにコメントを残す

       
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。