World-42ヵ国語-翻訳

World-42ヵ国語-翻訳 上記の、自分が思う各国旗を、クィックしてください。 両サイド(右側・左側)の、バナー広告に関しましては、翻訳するものと・翻訳しないものがあります。 私は(BLOGの作者)、このソフトの著作権を、所有しています。 ワールドオンラインイストーク

プロフィール

mydo-mydo

Author:mydo-mydo
私のBLOG「新雑学見聞録」に、来て頂きまして、誠に、有難う御座います。そこで、何でも、「これは」という、何か役に立ちそうなものを、書いています。また、我が、経験・見聞・思考・それと、自分なりに、人生を、振り返り見て自分の成功・失敗の原因は?なんぞや。御託を、並べています。末永くお付き合いお願い申し上げます。








ポイントサイト【予想の王様】 ↑クィックしてください。

最新コメント

メールフォーム

皆さん、何でもいいですよ。メールください。ただし、出会い系・アダルトの方は、ご遠慮ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

リンク

Information

==================== アメブロ読者申請代行サービスVer,2 アメブロ(アメーバブログ)の読者申請を代行するサービスです ==================== 購入率30%越え!5日で月収20万円のcroozブログ構築法 ==================== あなたのワードプレスサイトでもランディングページ作成ができる!今ご使用のテンプレートにランディングページ作成機能を追加。設定時間わずか10分で、あなたのワードプレステンプレートが、ランディングページ作成機能付きのテンプレートにバージョンアップ!LP作成機能追加キット「LP Plus」 ==================== 部下になめられないためのプレゼン術 ~リーダーは人前でこう振る舞え!~ ==================== 超ネット通販専門学校オンラインスクール2期 ==================== 自動クリック売買構築「エクセルで、株・FXシストレ 合宿」 ==================== 【2005年からの平均月間獲得約294pips】トリプルN/ナンピンなしマーチンなし複利なしのEAなのに高い利益力 ==================== 仕事効率を高め成功を掴め! ==================== iPhoneケースを輸入販売し、2000万円稼いだ方法 ==================== 結果を出す婚活 ==================== 初心者のネットビジネス成功辞典! ==================== FXで資産作りBMRデイトレード ==================== トライデント・WEBショップマーケティング ==================== 自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て ==================== ゲームで稼ぐ!iphoneアプリ講座 ==================== ==================== 「独立・開業」業種別解説事典 ==================== 情報仲介ビジネス!1億をめざす7日間構築マニュアル ==================== 東大卒の医学博士、開発。脳の回路と電流の流れを変え、東大合格。 ==================== 好かれる人のコミュニケーション会話術 ==================== 未来を変えるホンモノ発想法 -なぜ発想の達人を30タマゴと呼ぶのか- ==================== 中国輸入ビジネス入門&海外輸出セミナー ==================== 家庭でもできる いびき改善/完全マニュアル 「いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニック」 ==================== 次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」コンサルティングプラン ==================== 電脳錬金術 Ver1 ====================
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ピロリ菌・・・・誰ももっているよ!





    このピロリ菌は、癌の原因のひとつでしょう。誰しも、持っているものだ。

    軽い気持ちで、思考していると、とんでもないことに・・・・・・・・

    注射もありますが、これに良いと言われているヨーグルトがある。

    毎日の生活の中で、気をつけないといけない、一つです。


    ヘリコバスター・ピロリ(Wikipediaからコピー)
    病原性

    ヘリコバクター・ピロリは、ヒトの萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの炎症性の疾患[9][37]、胃癌やMALTリンパ腫(粘膜関連リンパ組織に生じるBリンパ腫。MALT:Mucosa-Associated-Lymphoid-Tissue)などのがんの発症と密接に関連した病原細菌である[2]。国際がん研究機関が発表しているIARC発がん性リスク一覧では、グループI(発がん性がある)に分類されている。ただし疾患が現れるのは、保菌者の約3割程度であり、残りの7割の人は持続感染しながらも症状が現れない健康保菌者(無症候キャリア)だと言われている。

    また反対に、人体におけるヘリコバクター・ピロリの存在メリットについての研究もなされており、小児ぜんそく、アレルギー性鼻炎、皮膚アレルギーなどの疾患リスクがヘリコバクター・ピロリの感染者の方が低いと言う報告もある。[38]

    胃、十二指腸 [編集]

    ヘリコバクター・ピロリが感染した胃粘膜上皮の組織像(Warthin-Starry染色)ヘリコバクター・ピロリが、宿主であるヒトの胃に感染した場合、それが初感染のときには急性の胃炎や下痢を起こす。ほとんどの場合はそのまま菌が排除されることなく胃内に定着し、宿主の終生にわたって持続感染を起こす。持続感染したヒトでは萎縮性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍のリスクが上がる。

    胃の表面では粘膜上皮細胞を1mm程度の厚さで粘液層が覆っており、これが胃液に含まれる胃酸や、ペプシンなどのタンパク質分解酵素から上皮細胞を守る役割を担っている。胃内に侵入したヘリコバクター・ピロリは、鞭毛を使ってこの粘液層内部に泳いで移動し、菌体の表層にあるリポ多糖や外膜タンパク質などの分子の働きによって上皮細胞の表面に付着する。この粘液層の内部もまた酸性度の高い環境であるため、通常の細菌はそこに定着することはできないが、ヘリコバクター・ピロリの持つウレアーゼは粘液中の尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解し、生じたアンモニアが粘液中の胃酸を中和することで酸による殺菌を免れる。殺菌を逃れた菌は粘液層で増殖する。また尿素から生じたアンモニアなどは尿素やヘミンなどの生体分子とともに、走化性因子として周囲の菌を呼び寄せ、粘液下層にヘリコバクター・ピロリの感染巣が形成される。この感染巣の部分で、ヘリコバクター・ピロリが作るさまざまな分解酵素の働きによって粘液層が破壊され、粘膜による保護を失った上皮細胞が傷害されて炎症がおきる。また菌が分泌するVacAなどの毒素やIV型分泌装置で上皮細胞に注入するCagAなどのエフェクター分子による上皮細胞の直接的な傷害や、細菌の感染に対して動員された好中球などの白血球による組織傷害なども加わって、炎症を増悪させる。

    またこれらの炎症性疾患が慢性化すると、胃癌や、MALTリンパ腫が発生するリスクも上昇する。炎症に続いておこる組織修復が繰り返されることによって、細胞がん化のリスクが上昇することが、癌の発生原因の一つであると考えられている。また、ヘリコバクター・ピロリが産生するCagAなどの病原因子が、宿主細胞増殖を促進したり、アポトーシスを抑制することで、宿主細胞のがん化に関与している可能性も指摘されている。


    ヘリコバクター・ピロリによる胃粘膜傷害
    (1) 胃内に侵入した菌は鞭毛を使って胃の粘液層内部を移動し、上皮細胞の表面に付着する。(2) ウレアーゼが粘液中の尿素からアンモニアを生じ、胃酸を中和する。(3) 殺菌を逃れたピロリ菌が粘液層で増殖。また走化性因子が周囲のピロリ菌を呼び寄せる。(4) ピロリ菌が作るさまざまな分解酵素は粘液層を破壊し粘膜による保護を失った上皮細胞が炎症を起こす(図中央)。また菌が分泌するVacAなどの毒素(右)、IV型分泌装置で上皮細胞に注入するエフェクター分子(左)が上皮細胞を傷害して、炎症を増悪させる 食道 [編集]
    胃炎治療のために除菌治療を行った人の一部で逆流性食道炎の発生や、それに伴う食道がんのリスクが増加する可能性が報告されている[39]。しかし、多施設二重盲検無作為コントロール試験による最近の調査ではリスク増加が否定されるなど[40]、この現象についてはまだ一致した見解が得られていない。

    胃内にヘリコバクター・ピロリを持たない人や除菌治療を行った人では、胃酸の分泌が過剰となって胃内の酸性度が増し、逆流した胃液が食道組織を傷害して、一過性の逆流性食道炎やバレット食道を生じることがある。バレット食道は食道腺癌の前段階の病変として現れることも知られている。ただし、この逆流性食道炎は一過性のもので、生涯にわたって増悪するかどうかについては否定的な専門家が多い。また除菌時にみられるバレット食道の多くは病変が短いタイプのもの(SSBE; Short Segment Barrett Esophagus)であり、このタイプの発生と食道腺癌発生のリスクについても統一した見解は得られていない。

    食道に対する知見から、ヘリコバクター・ピロリの持続感染は、胃がんとは逆に、食道がんのリスクを低下させているのではないかという考えも提唱された。本菌はもともと宿主と共生関係にある常在細菌の一種であり、胃酸分泌のコントロールによって食道の疾患予防に貢献していると考えている研究者も存在する[6]。人間の胃内のpH調整機構そのものが、本来常在細菌であったヘリコバクター・ピロリによる胃酸中和の存在を前提とした形で進化を遂げているのだと主張している。

    検査
    関連記事
    スポンサーサイト
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント
    ▼このエントリーにコメントを残す

       
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。